からだをリラックスー筋弛緩法をやってみよう

WEB予約はこちら
さくらキッズくりにっく
お電話でのお問い合わせ
Tel.03-5451-0016
桜新町の小児科さくらキッズくりにっく
TEL
MENU

旧ブログ

Blog

からだをリラックスー筋弛緩法をやってみよう

 こんにちは、さくらキッズくりにっくの心理士です。年末年始は帰省したり外出したりと、久しぶりにいつもの冬休みを過ごしたご家庭も多かったのではないでしょうか。一方で再び新型コロナウイルスの感染が拡大しており、仕事や学校、園生活のスタートと相まって、疲れやストレスが溜まりやすくなってきています。そこで今回は、リラックスし落ち着く方法として、“筋弛緩法”を紹介します。

 

筋弛緩法とは?

人は不安になったり緊張すると、無意識のうちにからだに力が入っています。これは筋肉が緊張状態になっているということ。筋弛緩法により、からだの緊張状態を解消することで、心をリラックスさせ、イライラや漠然とした不安感、無気力などを解消することに繋がります。効果も証明されている心理療法の1つです。また、短時間で子どもでも手軽に行えることも筋弛緩法のメリット!さっそく親子で一緒にやってみましょう。

 

筋弛緩法のやり方(一例)

①両手のこぶしを力強くギューッと握りしめる

②3つ数えたらパッと手を開く

③手を開いた後は、力が抜けた感覚を味わう

このほかにも、”両肩をギューッと上に持ち上げ3つ数えたら落とす”、”両手を胸の前で合わせてギューッと左右の手のひらで押し合い3つ数えたら手を放す”、そして力の抜けた感覚を味わう、といったように、からだの様々な部位で応用できます。

 

 一日の終わりの就寝前に、ちょっとした隙間の時間に、ぜひ試してみてください。クリニックでは親御さんの育児相談や、お子さんのカウンセリングなど、心理士がお受けしています。気になることがあればお気軽にご相談ください。(電話;03-5451-0016)

                               

院長 藤井 明子
記事監修
院長 藤井 明子

北里大学医学部卒、東京女子医科大学医学系大学院修了、東京女子医科大学病院、千葉市立海浜病院、長崎大学病院、長崎県立こども医療福祉センター

医学博士、小児科専門医、小児神経専門医、てんかん学会専門医

詳しい医師紹介を見る  クリニックの予約を取る

新コラム

お知らせカテゴリー

ブログカテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ