プレネイタルビジット(妊娠期から小児科へ)、はじめています。

WEB予約はこちら
さくらキッズくりにっく
お電話でのお問い合わせ
Tel.03-5451-0016
桜新町の小児科さくらキッズくりにっく
TEL
MENU

ブログ

Blog

キッズドクター体験レポート☆

2020年8月8日(土)にキッズドクター体験を行いました! 今年はコロナ渦ということもあり、人数や日数を去年度より大幅に減らし、 手指消毒、検温、換気は勿論、参加者同士がすれ違わないよう工夫をして感染に配慮して行いました。   ①白衣をきて写真撮影 名札を付け、聴診器も肩にかけ、気持ちはもう、ドクターです!! ※写真撮影時のみマスクをはずしております。   ②診察...

続きを読む

ロタワクチンが10月より定期接種になります

2020年10月よりロタウィルスワクチンが定期接種となります。   対象:2020年8月1日以降に生まれたお子さんが対象となります   接種可能時期:生後6週以降から初回接種可能   種類:ロタウィルスワクチンには、ロタテック(5価ワクチン、3回接種)とロタリックス(1価ワクチン、2回接種)の2種類があります。 どちらを接種すべきか悩まれる場合は、お電話でお問い合わせ...

続きを読む

ドクターキッズ体験を開催します!

  さくらキッズくりにっくにて   ドクターキッズ体験を開催します!! 日時:2020年8月8日(土) 第1部 13:30~14:30 第2部 15:00~16:00 小児科クリニックってどんなところ ? ドクター、ナース、心理士って どんな仕事をしているの? さくらキッズくりにっくの中身、 全部見せます (^_^)! 3密を避ける感染対策を行い、 ご...

続きを読む

ひだまりサロンを開催します!

お子さんについて、心理士や同じ悩みを持つママさんとお話しませんか? 日時;2020年7月13日(月)11:00~11:45 定員;3組(お子さんと一緒にご参加いただけます) 参加費;無料 申し込み方法;受付にてお声がけいただくか、電話(03-5451-0016)または WEB予約画面(イベント予約)にてお申し込みください。           ...

続きを読む

訪問リハビリのすすめ

発達外来では、言葉の遅れや、運動発達の遅れの相談を多く伺っています。医学的に診断がつく場合もありますが、原因がよくわからない場合もあります。診断も大切ではありますが、同じくらい大切なのが、言葉の遅れ、運動発達の遅れに対する対応策の検討です。当院では、発達の遅れがあるお子さんに対し、院内での療育を行っています。また、個別のリハビリ(理学療法、作業療法、言語療法)が必要と判断することもあります。 理学...

続きを読む

汗ばむ季節のスキンケア

6月にはいり蒸し暑い季節になってきました。少しずつあせもの相談が増えてきています。赤ちゃんは新陳代謝が活発で、体温も高いため、汗っかきです。汗をかきやすい首の周り、背中、お腹、肘の内側、膝の裏側はあせもになりやすいので注意が必要です。 赤ちゃんのお肌をあせもから守るためには、以下の4つを心がけるとよいでしょう。 あせも予防の4つのポイント 1 クーラー、扇風機を上手に使って快適な室温を保つ 2 吸...

続きを読む

Q 緊急事態宣言が解除されたけれど、保育園、学校に行くのを控えた方がよいですか?

緊急事態宣言が東京都でも解除され、休校、休園措置をされていた保育園、幼稚園、学校でも、登園、登校にむけて準備がされてきているようです。親御さんから保育園、学校に行くのを控えた方がよいか、聞かれることも増えてきました。   小児科学会から2020年5月20日に新たな提言がありました。ポイントは、以下の通りです。 ・COVID-19患者の中で小児が占める割合は少なく、そのほとんどは家族内感染...

続きを読む

Q 新型コロナ感染症が心配です。子どもでもマスクをしたほうがいいですか。マスクをつけられないときはどうしたらいいでしょうか。

Q 新型コロナ感染症が心配です。子どもでもマスクをしたほうがいいですか。マスクをつけられないときはどうしたらいいでしょうか。 A感染している人のくしゃみや咳に含まれる飛まつを直接浴びないという観点からは、マスクをすることの利点はあるかと思います。しかし、小さなお子さんでは現実的ではないと思われます。さらに、今年の夏は猛暑と予想されています。マスクを付けることで、より熱中症のリスクが上がってくると思...

続きを読む

アレルゲン舌下免疫療法を行っています

アレルギー性鼻炎(花粉症)は年々増加傾向にあり、幼児期から10歳代までの比較的低年齢で発症します。目や鼻をこする、鼻をかまないといけない、集中できない、眠れないなど、さまざまな不快を感じ、勉強を含めて学校生活に支障をきたすことがあります。 アレルゲン舌下免疫療法は、アレルギーの原因となる物質を少量ずつ体に投与して、体を慣れさせ、症状を出にくくする治療法です。アレルギーの根本治療となりうる治療で、2...

続きを読む

1 2 3 4 5 7

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ