さくらキッズくりにっく 病児保育室×小児科×発達支援室

お電話でのお問い合わせ
Tel.03-5451-0016

さくらキッズくりにっく 病児保育室×小児科×発達支援室

TEL
MENU

ブログ

Blog

夜尿症治療のポイント☆彡

こんにちは。副院長の大塚🐟です。   夜尿症について、これまでお話してきましたが、治療のうえで大事なポイントが3つあります。 ★起こさない ★怒らない ★焦らない おねしょの前に起こしてトイレにつれていくことを繰り返していると、睡眠のリズムが乱れるために、抗利尿ホルモンの出が悪くなります。 そのため、夜間尿量が増えてしまい、かえって良くないことがあります。   ...

続きを読む

🌟6月開催予定イベント🌟

6月に開催を予定しているイベントについてお知らせします🌟 【①第1回 キッズドクター体験】 クリニックではどんな人が働いているの? クリニックでのお仕事ってどんなものがあるの? 🌸さくらキッズくりにっく🌸は、医師・看護師・保育士・心理士などなど、多職種が力を合わせ、お子さまの健康・発達を見守るクリニックです。 このクリニックならではの、「ドクター(...

続きを読む

BCG接種再開しました。

【予防接種のお知らせ】 BCG接種再開しております。 Webまたはお電話にてご予約承っております。 🌸予防接種のスケジューリングはできていますか?🌸 さくらキッズくりにっくでは、小児科専門医・看護師がお子さま一人ひとりに合った”予防接種スケジュール”を作成しております☺ どうぞお気軽にご相談ください。 ...

続きを読む

ドクター体験を開催します!

6月8日土曜日、さくらキッズくりにっくにてドクター体験を開催します🌸🌸🌸
小児科クリニックってどんなところ❓ 🙄 
ドクター、ナース、保育士さん、心理さんのお仕事って❓ 😯 などなど… さくらキッズくりにっくの中身、全部見せます!!!☆彡 ♬保護者の方には、スターバックスのコーヒー☕...

続きを読む

トイレトレーニング

こんにちは、院長の藤井です。
今日はトイレトレーニングのお話です。 次男のトイレトレーニングがようやく終了の兆しです。姉・兄と比べるとずいぶんと時間がかかり、ゆっくりでした。しかし、振り返ってみると次男のペースがあったのだなと思います。
トイレトレーニングを始める目安は以下の通りです。
1 トイレに行ける
2 便座に座れる
3 言葉で意思...

続きを読む

夜尿症の治療②

こんにちは、医師の大塚です。 今回はアラーム療法についてお話します。
おねしょをしたことを、したタイミングでお子さんに認識させます。それを繰り返すことにより、夜間の膀胱容量が大きくなるといわれています。
寝る前に、パンツやパッドにセンサーを取り付けて寝ます。センサーが、パンツやパッドがぬれたことを感知すると、アラームがなります。その時点でいったんお子さんの目を覚まします。ト...

続きを読む

ネット予約不具合のお詫びと復旧のお知らせ

2019年4月12日14:30 ~ 16:30の間、ネット予約システムに不具合が発生し、サービスをご利用いただけない状態でございました。 
ご利用の患者様には、大変ご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。 
現在は、復旧し、通常通りご...

続きを読む

休診のお知らせ

4月29日(月祝)~5月6日(月祝)まで休診とさせていただきます。
ご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。 お急ぎの方は、東京医療機関案内サービス「ひまわり」:03-5272-0303 までお問い合わせください。 ...

続きを読む

夜尿症、治療のお話①。

こんにちは、医師の大塚🐟です。 前回は夜尿症に対する生活改善についてお話ししました。
生活改善をしてもなかなか夜尿卒業とならない場合には、治療をします。
治療方法には薬物療法とアラーム療法があります。 今回は薬物療法についてお話します。
夜尿症の薬はいくつか種類がありますが、現在多く使用されているのは、抗利尿ホルモン薬です。尿の量の調節や、体内の...

続きを読む

起立性調節障害のお薬について

こんにちは、医師の大塚🐟です。 本日は、テーマ起立性調節障害の治療、「内服薬」についてのお話です。 日常生活を工夫してみてもあまり良くならない場合には、薬物治療を追加することもあります。
血圧をあげる作用のあるお薬を内服します。効果を感じるまでは、1~2週間ほどかかり、もっとも効果が出るまでには8週間ほどかかることが知られています。ですので、効いている感じがしなくても、...

続きを読む

1 2 3

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ