こどもの身体 これってなぁに? 赤ちゃんの舌が真っ白

WEB予約はこちら
さくらキッズくりにっく
お電話でのお問い合わせ
Tel.03-5451-0016
桜新町の小児科さくらキッズくりにっく
TEL
MENU

旧ブログ

Blog

こどもの身体 これってなぁに? 赤ちゃんの舌が真っ白

赤ちゃんの口の中を見ると、頬粘膜や舌に真っ白なものがついていてびっくりすることがあるかもしれません。ときにうっすら青っぽく見えたりもします。健診や予防接種時にたまたま見かけることもあります。

🌸鵞口瘡
これはカンジダという真菌が、赤ちゃんの口の中で増える真菌感染症の一種で、鵞口瘡(がこうそう)と呼ばれています。一見ミルクかすのように見えますが、こすっても取れないのが特徴です。
お母さんのおっぱいや手指、哺乳瓶の乳首、おもちゃなどに付着している真菌が原因と考えられています。
少し不機嫌になったり、ミルクの飲みが悪くなってしまうこともあるようですが、一般的には特に症状はありません。

🌸治療
赤ちゃんに特に症状がなければ、治療は必要ありません。お母さんのおっぱい、手指、赤ちゃんが触る可能性のあるおもちゃの消毒を行いましょう。月齢があがるにつれて自然に良くなることがほとんどです。
不機嫌や哺乳不良がある場合には、塗り薬や飲み薬を使うこともあります。

🌸おしりにも注意を
口の中のカンジダを飲み込んでうんちと一緒に排泄されると、カンジダがおむつかぶれを起こす場合があります。おしりが赤くなっている場合には、真菌用の塗り薬を塗って治療をします。

赤ちゃんのお口の中が真っ白で心配、そんなときはお気軽に予防接種や健診時にご相談ください😊
院長 藤井 明子
記事監修
院長 藤井 明子

北里大学医学部卒、東京女子医科大学医学系大学院修了、東京女子医科大学病院、千葉市立海浜病院、長崎大学病院、長崎県立こども医療福祉センター

医学博士、小児科専門医、小児神経専門医、てんかん学会専門医

詳しい医師紹介を見る  クリニックの予約を取る

新コラム

お知らせカテゴリー

ブログカテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ