こどもの身体 これってなぁに? 首のぐりぐり

WEB予約はこちら
さくらキッズくりにっく
お電話でのお問い合わせ
Tel.03-5451-0016
桜新町の小児科さくらキッズくりにっく
TEL
MENU

旧ブログ

Blog

こどもの身体 これってなぁに? 首のぐりぐり

お子さんのお身体を観察していて、あれ?これってなに?前からあったかな?そう思うことはありませんか?

今日はお子さんによくある「首、頭の後ろのぐりぐり」についてお話しします。

🌸首や頭のぐりぐりの正体は?

お風呂に入って頭を洗っているときなど、頭の後ろや首に小さなぐりぐりを見つけることがあります。大きいときは1㎝以上だったり、何個も触ることがあるため、なにかできものが出来たのでは?と心配になる方もいらっしゃるかと思います。

実はこれ、ほとんどがリンパ節という、正常組織が腫れたものなのです。

🌸リンパ節とは?

全身に分布しているリンパ管の途中にあり、体を守る免疫に関する細胞が詰まっていて、感染などに対して免疫反応を起こす場所です。風邪を引いたり、怪我をしたりすると、近くのリンパ節が腫れます。乳幼児期から学童期はリンパ組織が発達する時期なので、健康なお子さんでも首回り、脇の下や鼠径部でも触れることがあります。

リンパ節が腫れる病気には

 いわゆる風邪や怪我などの感染症に伴う反応性リンパ節腫大

 EBウイルスによる伝染性単核球症

 リンパ節そのものの感染である化膿性リンパ節炎

 猫ひっかき病 BCG接種後のリンパ節腫大

 川崎病

 亜急性壊死性リンパ節炎

 自己免疫疾患や免疫不全症 白血病や悪性リンパ腫

など様々な病気があります。ほとんどが腫れているリンパ節に関連する体の部分に起きている炎症が原因です(例えば右手に怪我をしていると右脇の下のリンパ節が腫れたりします)。白血病やがんなどを心配される方もいらっしゃいますが、頻度的にはそれほど多くはありません。

🌸ぐりぐりを見つけたら

豆くらいの大きさだったり(私たちはよく小豆大と表現したりします)、指で触るとつるつるよく動くようであれば、正常なリンパ節の腫れの可能性が高く、あまり心配する必要はありません。ぐりぐりの近くに炎症や怪我がないか探してみましょう。もし気になるようであれば一度クリニックでご相談ください。なお1㎝を超える大きさ、発熱や痛みを伴う、短期間でどんどん大きくなるようであれば、全身の病気や悪性腫瘍の可能性もありますので、早めの受診をお勧め致します。

院長 藤井 明子
記事監修
院長 藤井 明子

北里大学医学部卒、東京女子医科大学医学系大学院修了、東京女子医科大学病院、千葉市立海浜病院、長崎大学病院、長崎県立こども医療福祉センター

医学博士、小児科専門医、小児神経専門医、てんかん学会専門医

詳しい医師紹介を見る  クリニックの予約を取る

新コラム

お知らせカテゴリー

ブログカテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ