入園入学・新学期の季節です

WEB予約はこちら
さくらキッズくりにっく
お電話でのお問い合わせ
Tel.03-5451-0016
桜新町の小児科さくらキッズくりにっく
TEL
MENU

旧ブログ

Blog

入園入学・新学期の季節です

さくらキッズくりにっくの心理士です。

3月に入り、来月には子どもたちが入園や入学・新学期を迎えます。年明けからの感染拡大による自身の感染や、感染による臨時休園・休校が続き、落ち着かない年度末となっているのではないでしょうか。担任の先生がご家族の影響で出勤できず、副担任や別の先生が対応にあたっているという話も耳にします。3月は、未就学児であれば次年度や就学に向けた生活の準備、就学児であれば次学年に向けた学習の振り返りを行う時期であるにも関わらず、例年のように落ち着いて取り組むことができていないかもしれません。

こうした中でも、年度は切り替わり新しい生活は始まります。子どもたちにとっては、担任の先生やクラスのお友達が変わることに限らず、毎日通う道やその風景、教室(お部屋)や自分のロッカーが変わることですら、大きな環境変化です。すぐに慣れるのが難しくても、子どもたちなりに挑戦しています。3月~4月にかけての、新しい生活への移行を見届けてみてください。

また、自分の疲れを自覚したり、それを言葉で説明することができない子どもたちにとっては、新しい環境で普通に過ごしているように見えても徐々に心身の疲れがたまっており、いつもと違う行動をする、いつもやれていたことをやらず甘えん坊になる、イライラメソメソと感情的になるなど、「疲れたよ~」という言葉以外のSOSを出すことがよくあります。

こうした時には、まずは安心できて、話を聞いてもらえる“時間や場“を取ってあげましょう。

「疲れたよ~ 」「こんなことが大変だったよ 」といった気持ちを言葉に出して、「大変だったね」と、ただただ聞いてもらうことだけでも、”疲れた気持ちをわかってもらえた”と、安心を感じることができます。

やらなければならないことは増やしすぎず、ゆったりとした時間を確保してあげることも大事です。新しい環境で頑張っている分、家ではゆったりと過ごし、よく眠ることで、次の日のエネルギー補給をしていると考えて見守ってあげて下さい。

院長 藤井 明子
記事監修
院長 藤井 明子

北里大学医学部卒、東京女子医科大学医学系大学院修了、東京女子医科大学病院、千葉市立海浜病院、長崎大学病院、長崎県立こども医療福祉センター

医学博士、小児科専門医、小児神経専門医、てんかん学会専門医

詳しい医師紹介を見る  クリニックの予約を取る

新コラム

お知らせカテゴリー

ブログカテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ