嘔吐をくりかえす~自家中毒のはなし~

WEB予約はこちら
さくらキッズくりにっく
お電話でのお問い合わせ
Tel.03-5451-0016
桜新町の小児科さくらキッズくりにっく
TEL
MENU

旧ブログ

Blog

嘔吐をくりかえす~自家中毒のはなし~

今日は、「自家中毒」について書こうとおもいます。中毒と聞くと、何かの食事による中毒?と思われる方もいるかもしれませんが、食中毒とはちがいます。

どんな病気なの?
 これは、嘔吐を繰り返す病気の一つです。1歳半から10歳くらいの比較的やせ型のタイプの子が、風邪や疲労などをきっかけとして、嘔吐を繰り返し、血中にケトン体(アセトン)が多い状態になる病気です。

どんな子にかかりやすいの?
 1歳半から10歳くらい、特に6歳未満のお子さんで、比較的やせ型のタイプの子に認められやすいです。

症状はなに?
 嘔気、頻回の嘔吐、嘔吐による脱水症状、嘔吐によって低血糖症状を起こすこともあります。

きっかけはなに?
 風邪や、イベント時の疲労などがきっかけになることがあります。特に、疲労のあまりに夕食をとらずに寝てしまって、翌朝、元気と食欲がなくなり、さらに進むと頭痛と腹痛を訴え、嘔吐が始まります。

診断は?
 嘔吐がはじまった状況などを伺う問診と、尿中のケトン体を調べることでわかります。低血糖が疑われるときには、血糖値の測定も行います。

治療は?
 ブドウ糖入りの点滴を行います。点滴を行うと、嘔吐が軽減し、食欲がもどり、適切な食事をとると回復します。

予防は?
 自家中毒を起こしやすい子は、風邪や胃腸炎などで誘発される傾向にあります。疲労時に食事をとらないままに寝ることがないように、甘い水分などを少量ずつでもよいので飲ませると、症状がひどくならずにすみます。

嘔吐を繰り返す病気は他にもありますが、「自家中毒」もその一つです。
ご心配がありましたら、当院にご相談ください。

さくらキッズくりにっく

 

院長 藤井 明子
記事監修
院長 藤井 明子

北里大学医学部卒、東京女子医科大学医学系大学院修了、東京女子医科大学病院、千葉市立海浜病院、長崎大学病院、長崎県立こども医療福祉センター

医学博士、小児科専門医、小児神経専門医、てんかん学会専門医

詳しい医師紹介を見る  クリニックの予約を取る

新コラム

お知らせカテゴリー

ブログカテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ