困った鼻水・鼻づまりのホームケア

WEB予約はこちら
さくらキッズくりにっく
お電話でのお問い合わせ
Tel.03-5451-0016
桜新町の小児科さくらキッズくりにっく
TEL
MENU

ブログ

Blog

困った鼻水・鼻づまりのホームケア

11月に入り、一気に気温が下がり、冬らしい気候になってきましたね。空気も冷たく乾燥し、お子さんたちが風邪を引きやすい季節になりました。今日は風邪の困った症状、鼻水・鼻づまりに対するご自宅でのケアの方法をご紹介したいと思います。

🌸どうして鼻水がでるの?

鼻は空気の出入り口で、取り込んだ空気を加湿・加温し、ホコリや花粉、ウイルスなどを除去する、「加湿空気清浄機」のような役割をしています。そしてからだにとっての異物を排除するために、自然の防御反応として鼻水を出します。私たちがやっかいだなぁと思っていた鼻水は、実は洗浄液だったんです!ただこれが乾燥によって詰まると、鼻づまりとなり、息苦しさは寝苦しさに繋がります。

🌸お家でできるホームケア

① 加湿・加温

室内の湿度が下がると鼻水が固まり、鼻づまりとなって苦しくなります。夜寝るときには加湿器をしっかりかけ、室内の湿度を40-60%に保ちましょう。室温は20-23℃くらいが適切です。

② 鼻吸引

こまめにお子さんの鼻を吸ってあげましょう。口で吸うタイプの吸引器もありますが、やはりうまく吸えないことが多いのと、吸う大人が風邪をもらってしまうこともあるため、電動の鼻吸引器がおすすめです。最初は嫌がってしまうお子さんも多いですが、吸って楽になることが分かれば自分からやってくれる子もいます。鼻吸引を行うタイミングは哺乳前後、入浴後、寝る前が効果的です。

もし鼻水が固まって吸いにくい場合は、浴室内にシャワーなどで湯気を作っていただき、その中でお子さんを5-10分くらい抱っこしていると鼻水が柔らかくなり、吸いやすくなりますよ。また蒸しタオルを鼻の付け根や下に当てるのも良い方法です(鼻と口の両方をふさがないように注意しましょう)。

③ 鼻水かみ練習

鼻水を上手にかめるようになると、鼻吸引をしなくても症状を和らげることができるようになります。鼻をかむのが苦手なお子さんには、遊びながら鼻をかむ練習になる「ティッシュロケット法」があります。 当院のYoutubeに動画がありますので、ぜひ参考にしてみてください。

上手な鼻のかみ方『ティッシュロケット法』

辛い鼻水、鼻つまりが少しでも軽くなるようなホームケアをご紹介しました。眠りが浅い、鼻水のせいで咳が出て苦しそう、症状が長く続く場合には、一度くりにっくまでご相談ください。

院長 藤井 明子
記事監修
院長 藤井 明子

北里大学医学部卒、東京女子医科大学医学系大学院修了、東京女子医科大学病院、千葉市立海浜病院、長崎大学病院、長崎県立こども医療福祉センター

医学博士、小児科専門医、小児神経専門医、てんかん学会専門医

詳しい医師紹介を見る  クリニックの予約を取る

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ