🍂⛄秋から冬に流行する感染症🍂⛄

WEB予約はこちら
さくらキッズくりにっく
お電話でのお問い合わせ
Tel.03-5451-0016
桜新町の小児科さくらキッズくりにっく
TEL
MENU

ブログ

Blog

🍂⛄秋から冬に流行する感染症🍂⛄

🍂⛄秋から冬に流行する感染症🍂⛄

秋から冬に流行する感染症には,以前にお話ししたRSウイルスやインフルエンザ以外に、溶連菌咽頭炎・マイコプラズマ感染症・感染性胃腸炎(ノロウイルス)などがあります。

①溶連菌咽頭炎
溶連菌咽頭炎は,A群β溶血性連鎖球菌による感染症です。
症状は,発熱と頭痛,のどの痛み,食欲不振,吐き気などです。
のどが赤くなり,舌の表面にブツブツの赤みができることが多く(いちご舌),唇や口の中も真っ赤になります。
首のリンパ節が腫れて痛むことや,発疹が全身に出ることもあります。
治療は,抗生物質を5~10日服用します。

②マイコプラズマ感染症
マイコプラズマによる感染症で、幼児や学童に多く見られます。
長引く咳、熱が特徴です。
気管支炎や肺炎を引き起こすこともあります。
マイコプラズマに対する抗生剤を使って治療します。
ゼイゼイすることがあるので、一時的に喘息の治療を加えることもあります。

③感染性胃腸炎(ノロウイルス)
原因は,ウイルスや細菌などです。
ノロウイルスは,その原因の一つです。
感染すると,吐気,嘔吐,下痢,腹痛,発熱などの症状が出ます。
乳幼児では,脱水症に注意する必要があります。
ノロウイルスに汚染された,下痢便,吐物,おむつは,次亜塩素酸ナトリウム(家庭用塩素系漂白剤)で消毒する必要があります。
ノロウイルス対策用の消毒液(次亜塩素酸ナトリウム濃度0.1%)は家庭用塩素系漂白剤10mL(ペットボトルのキャップ2杯分)+水0.5L(500mLペットボトル1本)で、ペットボトルを使用すると簡単に作ることができます。
当院では、吹きかけるだけで除菌・消臭効果のあるスプレーも販売しています。


さくらキッズくりにっく
(桜新町の小児科)
院長 藤井 明子
記事監修
院長 藤井 明子

北里大学医学部卒、東京女子医科大学医学系大学院修了、東京女子医科大学病院、千葉市立海浜病院、長崎大学病院、長崎県立こども医療福祉センター

医学博士、小児科専門医、小児神経専門医、てんかん学会専門医

詳しい医師紹介を見る  クリニックの予約を取る

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ