冬休みの過ごし方について~心理士より~

WEB予約はこちら
さくらキッズくりにっく
お電話でのお問い合わせ
Tel.03-5451-0016
桜新町の小児科さくらキッズくりにっく
TEL
MENU

旧ブログ

Blog

冬休みの過ごし方について~心理士より~

こんにちは。さくらキッズくりにっくの心理士です。12月に入り、今年も残すところあと一か月となりました。お子さんたちはもうすぐ待ちに待った冬休みがやってきます。親御さんとしては、「一年の締めくくりはしっかりと!」「短い冬休みだから、有意義に過ごさないと!」という気合を入れている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、心理士としては、冬休みはぜひ心も身体もゆったりと過ごして欲しいと思っています。

 

この一年は、コロナ前と同じように過ごしていくことを目標として、感染対策を行いながらも、運動会や遠足など、昨年よりも行うことが出来たイベントが増えたのではないかと思います。お子さんたちにとっては、昨年まで行うことが出来なかったイベントに参加することができ、嬉しい気持ちもある反面、新しい取り組みが続いたり、イレギュラーなスケジュールになったりと、知らず知らずのうちに負荷がかかっている状態とも言えます。

 

そのような状況の中で毎日頑張って学校や園に通っているお子さんたちなので、お家でダラけていたり、多少のわがままを言った際にも、「学校(や園)で頑張っていた反動かな」と少し大目に見ていただけると良いと思います。もし、ご自宅で癇癪が起きた際にも、頭ごなしに怒ったり止めたりはせずに、そっと見守ってあげてください。少し気持ちが落ち着いたタイミングで、「○○だったんだね」とお子さんの気持ちを代弁して声をかけてあげてください。

 

冬休みは予定を詰め込み過ぎずにゆったりと過ごして、新しい年に向けてエネルギーをチャージし、休み明けに気持ちも新たに頑張るお子さんを見守ってあげてくださいね。

 

院長 藤井 明子
記事監修
院長 藤井 明子

北里大学医学部卒、東京女子医科大学医学系大学院修了、東京女子医科大学病院、千葉市立海浜病院、長崎大学病院、長崎県立こども医療福祉センター

医学博士、小児科専門医、小児神経専門医、てんかん学会専門医

詳しい医師紹介を見る  クリニックの予約を取る

新コラム

お知らせカテゴリー

ブログカテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ