臍ヘルニアの圧迫固定療法

さくらキッズくりにっく
お電話でのお問い合わせ
Tel.03-5451-0016
さくらキッズくりにっく
TEL
MENU

ブログ

Blog

臍ヘルニアの圧迫固定療法

臍ヘルニアといってもなじみがないかもしれませんが、いわゆる出べそのおはなしです。生下時には臍部の膨隆はみとめませんが、生後2~4週ごろに臍部が膨隆しはじめて、生後2~3か月ごろまでに次第に大きくなります。これが臍ヘルニアです。自然治癒することが多く、従来は予後良好とされ放置されていた時もありました。しかし、中には長期にわたって臍部の皮膚が進展するために、臍部が周囲の皮膚から突出した状態(臍突出症)になり、形成術が行われることもあります。
当院では、臍ヘルニアに対して綿球を用いた圧迫固定療法を行っています。この固定療法で早期に直すことにより、臍突出症が残るのを防ぐことが期待できます。生後2か月のワクチンデビュー外来やそれ以降の予防接種の際でも臍を診察し、必要に応じて圧迫固定療法を開始いたします。ご心配があれば、まずはご相談ください。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ