高校1年生の女の子に子宮頸がんワクチンを

WEB予約はこちら
さくらキッズくりにっく
お電話でのお問い合わせ
Tel.03-5451-0016
桜新町の小児科さくらキッズくりにっく
TEL
MENU

ブログ

Blog

高校1年生の女の子に子宮頸がんワクチンを

今日は高校1年生の女の子を対象に、9月にぜひ接種を検討していただきたい子宮頸がんワクチンについてのお話しです🌸   子宮頸がんワクチンについてはこちら👇 子宮頸がんワクチンががんを防ぎます | blog (sakurakids-clinic.com) 9価子宮頸がんワクチン 取り扱い開始しています! | blog (sakurakids-clinic.co...

続きを読む

妊娠中、授乳中の方も新型コロナワクチン接種可能です。

妊娠中、授乳中の方も、新型コロナワクチンのmRNAワクチンを接種することができます。 妊娠中に接種しても発熱や副反応の頻度は妊娠していない方と同程度といわれ、胎児や出産には影響がなかったと報告されています。 妊婦さんは新型コロナウィルス感染により重症化するリスクがあり、早産など合併症を引き起こす可能性もあるため、ワクチン接種によるメリットは大きいと考えられます。 授乳中の接種に関しても、mRNAワ...

続きを読む

大人の風疹予防接種

今日は大人の風疹予防接種についてお話ししていきます。 なぜ大人の風疹予防接種の話をするかというと、先天性風疹症候群からお子さんたちを守るためです。 🌸風疹とは?   風疹ウイルスによって発熱と発疹が生じる病気です。約2-3週間の潜伏期の後に熱がでて、首のリンパ節が腫れ、身体に発疹が出てきます。たいていは軽症で済みますが、重症になると脳症や血小板減少症などの合併症を起こすことが...

続きを読む

~小児への新型コロナウィルスワクチン接種につきまして~

2021年6月1日、コロナワクチンが16歳から12歳に引き下げられました。 小児科学会からは、重篤な基礎疾患を有する子どもの接種は重症化が期待されるとしています。健康な子供への接種についてはメリットとデメリットを理解した上での接種を勧めています。 お子さんの重症化の報告は少ないものの、お子さんが感染することで家族内感染を引き起こすケースもあり、ワクチン接種をすすめています。 若い世代の集団免疫獲...

続きを読む

9価子宮頸がんワクチン 取り扱い開始しています!

子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウィルス(HPV)の感染を予防する9価ワクチン(シルガード®9)の取り扱いを開始しています。 従来の4価ワクチンは公費で受けられますが、この9価ワクチンは4価ワクチンに含まれるHPV6/11/16/18型に加え、HPV31/33/45/52/58型を含んでいます。 子宮頸がんにおけるHPV16/18型の感染率は65.4%と報告されています。 9価ワクチンは、特に...

続きを読む

就学前の予防接種、お忘れでないですか?

年長さんのお子様をもつ親御さんの中には、4月からの就学にそろそろ準備を、と思っている方もいるかもしれませんね。 そこで忘れていけないのは、麻疹風疹ワクチン(MR)の2期の予防接種です。公費で受けられるのは、世田谷区では就学前1年間の3月までとなっております。ランドセル、筆箱などの持ち物だけでなく、予防接種のうけ忘れがないかを母子手帳で確認してみましょう。 公費ではないのですが、任意接種でうった方が...

続きを読む

子宮頸がんワクチンががんを防ぎます

子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)は子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウィルス(HPV)への感染を防ぐワクチンです。 日本を除く先進諸国、とくにオーストラリアでは2007年から12~13歳の女子の対象にしたHPVワクチン接種プログラムを導入し、接種率増加に伴い2009年以降は18歳未満の子宮頚部前がん病変の発生率が半減しています。 また、HPVワクチンに子宮頸がんそのものを防ぐ効果があることが...

続きを読む

ロタワクチンが10月より定期接種になります

2020年10月よりロタウィルスワクチンが定期接種となります。   対象:2020年8月1日以降に生まれたお子さんが対象となります   接種可能時期:生後6週以降から初回接種可能   種類:ロタウィルスワクチンには、ロタテック(5価ワクチン、3回接種)とロタリックス(1価ワクチン、2回接種)の2種類があります。 どちらを接種すべきか悩まれる場合は、お電話でお問い合わせ...

続きを読む

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ