こどもの夜尿症、一緒に治しませんか?

WEB予約はこちら
さくらキッズくりにっく
お電話でのお問い合わせ
Tel.03-5451-0016
桜新町の小児科さくらキッズくりにっく
TEL
MENU

ブログ

Blog

こどもの夜尿症、一緒に治しませんか?

 先週日曜日にちびまる子ちゃんを見ていたら、ゲストで登場していたタレントの伊集院光さんが、「まるちゃん、実は僕ね、10歳までおねしょしていたんだよ。」とおっしゃっていました。まるちゃんはびっくりしていましたが、伊集院さんのようにおねしょで悩んでいるお子さんは意外といらっしゃるんですよね。 いつか治るかな、いつごろ治るかな。子供も気にしているからあまり焦らないほうがいいかな。お子さんだけはなく、ご両...

続きを読む

夜尿症治療のポイント☆彡

夜尿症について、これまでお話してきましたが、治療のうえで大事なポイントが3つあります。 ★起こさない ★怒らない ★焦らない おねしょの前に起こしてトイレにつれていくことを繰り返していると、睡眠のリズムが乱れるために、抗利尿ホルモンの出が悪くなります。 そのため、夜間尿量が増えてしまい、かえって良くないことがあります。   おねしょは、本人が寝ているあいだに無意識のうちにしてしまうものな...

続きを読む

夜尿症の治療②

  今回はアラーム療法についてお話します。 おねしょをしたことを、したタイミングでお子さんに認識させます。それを繰り返すことにより、夜間の膀胱容量が大きくなるといわれています。 寝る前に、パンツやパッドにセンサーを取り付けて寝ます。センサーが、パンツやパッドがぬれたことを感知すると、アラームがなります。その時点でいったんお子さんの目を覚まします。トイレに行ってもいいですし、そのまま寝てし...

続きを読む

夜尿症、治療のお話①。

前回は夜尿症に対する生活改善についてお話ししました。 生活改善をしてもなかなか夜尿卒業とならない場合には、治療をします。 治療方法には薬物療法とアラーム療法があります。 今回は薬物療法についてお話します。 夜尿症の薬はいくつか種類がありますが、現在多く使用されているのは、抗利尿ホルモン薬です。尿の量の調節や、体内の水分の調節をしているバソプレシンというホルモンがあるのですが、それによく似た成分のお...

続きを読む

夜尿症、おうちでできること。

今回は、夜尿症の治療についてお話します。 夜尿症の治療はいくつかのステップや方法があります。 まずは生活改善から取り組んでみます。 20~30%のお子さんは、生活改善だけでおねしょをしなくなると言われています。 ① 規則正しい生活 ② 水分の取り方に気を付ける(昼間はたっぷり、寝る前は控えめに) ③ 塩分を控える ④ 寝る前にトイレにいく ⑤ 寝ているときに冷えないようにする ⑥ 寝ている途中でト...

続きを読む

夜尿症でお困りでしたら

みなさん、こんにちは 今日は、おねしょ(夜尿症)のお話です。 おねしょでお悩みのかたは、実は思ったより沢山いらっしゃいます。 年長さんで約15%(6~7人に1人)、 小学校1~2年生で約10%(10人に1人)、 小学校5~6年生で約5%(20人に1人)です。 1クラスに何人かいる計算ですね。 成長とともにおねしょもしなくなることが多いですが、 「おねしょ卒業」までに時間がかかるお子さんもいらっしゃ...

続きを読む

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ