花粉症には早めの対策が重要です!

WEB予約はこちら
さくらキッズくりにっく
お電話でのお問い合わせ
Tel.03-5451-0016
桜新町の小児科さくらキッズくりにっく
TEL
MENU

旧ブログ

Blog

花粉症には早めの対策が重要です!

年末年始の慌ただしさが過ぎると、そろそろあの憂鬱なシーズンがやってきます。 そうです、花粉症の季節です🤧 私も毎年、鼻汁と鼻閉、くしゃみ、目の痒みに悩まされています。最近では大人だけはなくお子さんたちも、花粉症の症状で辛い思いをされていますね。 🌸今年の花粉症予測 日本気象協会の発表によると、2022年東京都は2月上旬からスギ花粉の飛散が始まるようです。そし...

続きを読む

Qこどもの鼻づまりが治りません。花粉症でしょうか?

A. 風邪を繰り返していることがありますが、アレルギー性鼻炎が原因のこともあります。 アレルギー性鼻炎(花粉症)は年々増加傾向にあり、幼児期から10 歳代までの比較的低年齢でも発症します。 目や鼻をこする、鼻づまり、集中できない、眠れないなど、さまざまな不快を感じ、勉強を含めて生活に支障をきたすことがあります。 スギ花粉症や通年性アレルギー性鼻炎(アレルゲン:ダニ)でお悩みの方は...

続きを読む

アレルゲン舌下免疫療法を行っています

アレルギー性鼻炎(花粉症)は年々増加傾向にあり、幼児期から10歳代までの比較的低年齢で発症します。目や鼻をこする、鼻をかまないといけない、集中できない、眠れないなど、さまざまな不快を感じ、勉強を含めて学校生活に支障をきたすことがあります。 アレルゲン舌下免疫療法は、アレルギーの原因となる物質を少量ずつ体に投与して、体を慣れさせ、症状を出にくくする治療法です。アレルギーの根本治療となりうる治療で、2...

続きを読む

負担の少ない最新アレルギー検査(41項目)をお子様に

この度、アレルギー検査のためのドロップスクリーンという最新の検査機器を導入致します。 ドロップスクリーンでは、従来の検査で必要だった腕からの採血が不要となり、指先に小さな針を刺してごく少量だけ血液を採取してアレルゲン(アレルギーの原因物質)を調べることができます。大きな針を刺す必要がなく、指先から採血する際も小さな針を刺すだけですので、少しチクリとした程度で痛みが少なくお子さまへの負担を最小限に抑...

続きを読む

授乳中のママと花粉症

花粉症の季節、いかがお過ごしですか? 子育てをしていると、お母さん自身のことはそっちのけですよね。 また、「母乳をあげているのに、お薬のんでもいいのかな」 「断乳しないとお薬のめないかな」となやんでいるお母さんもいらっしゃると思います。 花粉症の時に処方するお薬に、アレルギー症状を抑える抗ヒスタミン剤があります。 このお薬は種類によって眠気や鎮静作用が現れます。それを飲んで授乳をすると お子さんも...

続きを読む

🌳花粉症の時期ですね🌳

こんにちは スギ花粉が本格的に舞い始め…花粉症の時期になりました。     花粉症とは 風で運ばれた花粉が鼻や眼の粘膜に付着した時に、くしゃみ・鼻水・鼻づまり、眼の充血・かゆみ・なみだ目を起こします。 近年、花粉症の発症年齢が低年齢化しており、子どもでも見られるようになりました。   「目をこすっている」「鼻水が止まらない」などなど… お子さまに花粉症の症状がみられて...

続きを読む

新コラム

お知らせカテゴリー

ブログカテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ