夏に気をつけたい汗疹(あせも)の話

WEB予約はこちら
さくらキッズくりにっく
お電話でのお問い合わせ
Tel.03-5451-0016
桜新町の小児科さくらキッズくりにっく
TEL
MENU

旧ブログ

Blog

夏に気をつけたい汗疹(あせも)の話

「背中にぷつぷつができました」 「首の後ろを痒がっています」   梅雨のじめじめした季節から、夏にかけて増えてくる相談のひとつにあせもがあります。   汗疹の原因 汗疹は、汗を出す汗の通り道(汗腺)が詰まって炎症を起こすことで生じます。   症状 衣服の通気の悪い場所に目立つ赤い湿疹を認めます。 赤ちゃんの場合、背中やお尻、首や足の付け根など汗が溜まりやすい場所に出やすいです。   予防法 夏場...

続きを読む

肌のカサカサそのままにしてませんか?

毎年秋になると肌の乾燥が目立ち、肌のかゆみが強いという相談が増えます。今日は乾燥肌についてお話します。   乾燥肌になる原因 生理的要因:乳幼児期では皮膚機能が未成熟なため角質が水分を含む量が低下 環境要因:湿度が低下する季節、紫外線暴露、過度な入浴、不適切なスキンケア 皮膚疾患など:アトピー性湿疹や内臓疾患に伴う場合   乾燥肌の症状 肌の乾燥にともなって、触るとざらざら...

続きを読む

☆虫よけ剤の選び方☆

毎日、暑い日が続きますね。なかなか遠出できない状況下ですが、お子さんとも思い切り夏を楽しみたいですよね。 今日は、虫よけ剤の選び方についてお伝えます。  商品を買う前に、表示をよく見てみましょう。 🙂 成分、濃度、対象年齢、使用用途をよく見て選ぶことが大切です。 虫よけ剤の主な有効成分には「ディート」「イカリジン」「アロマオイル(効果が確認されているのはレモンユーカリ油のみ)」があります。 ☆ディ...

続きを読む

汗ばむ季節のスキンケア

6月にはいり蒸し暑い季節になってきました。少しずつあせもの相談が増えてきています。赤ちゃんは新陳代謝が活発で、体温も高いため、汗っかきです。汗をかきやすい首の周り、背中、お腹、肘の内側、膝の裏側はあせもになりやすいので注意が必要です。 赤ちゃんのお肌をあせもから守るためには、以下の4つを心がけるとよいでしょう。 あせも予防の4つのポイント 1 クーラー、扇風機を上手に使って快適な室温を保つ 2 吸...

続きを読む

☀日焼けのお話最終回☀

☀日焼けのお話☀最終回の本日は、「赤ちゃんと日焼け」👶のお話です。   〇生後6か月未満の赤ちゃんの肌は大変デリケートなので、日焼け止めは刺激が強い可能性があります。 日焼け止めの使用は控えましょう。   対策としては、 ①紫外線の強い時間帯(9時~15時ごろ)の外出をなるべく避ける  これは熱中症対策にもなります。 ②日陰☁を利用する ③...

続きを読む

☀日焼け止めのお話③選び方☀

こでまで☀日焼け止めのお話☀をしてまいりました。 では、どんな日焼け止めを選べばいいでしょう?🤔     1.紫外線吸収剤でないもの (紫外線吸収剤無配合、紫外線吸収剤フリー、ノンケミカル、サンスクリーンと表示されています)   2.SPF 30以下、PA 1+~2+程度 SPF、PAは数値が高くなると効果も高くなりますが、肌への負担も強くなり...

続きを読む

☀日焼け止めのお話②塗り方☀

☀日焼け止めの塗り方☀のお話です。   〇日焼け止めの利用方法 ・日常の生活では塗る必要はありません。 (例えば、買い物、児童館や図書館への移動など30分くらいの外出) 「帽子👒」、「日傘🌂」、「衣服で覆う👕」、「日陰を歩く☁」で大丈夫です。   ・1時間以上の屋外活動をするときに塗りましょう。 例えば、屋外...

続きを読む

☀日焼け止めのお話①☀

暑い毎日☀が続きますが、元気な子供たちは外で遊びたいですよね。 でも、☀日焼け☀も気になりますね。 どんな対策をしたらいいのでしょう?   〇紫外線の浴びすぎを防ぐ方法 ・紫外線の強い時間帯(9時~15時ごろ)の外出を避ける(真夏の場合です) ・日陰を利用する ・日傘、帽子、ベビーカーの日よけなどでカバー ・衣服で覆う(薄い長袖、長ズボンなど) ・日焼け止...

続きを読む

☀あせものお話☀

☀あせものケアについてのお話☀   ムシムシした暑い日が続きます。そろそろ「あせも」の季節になりました。 今日は、あせもの予防についてのお話です。     ①シャワーや水遊びで汗を流しましょう。 夏はこれが一番効果的です! ただし、石鹸を使うのは、入浴時のみでOK。     ②薄着(大人より1枚少なく!) おなかがみえても大丈夫。...

続きを読む

新コラム

お知らせカテゴリー

ブログカテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ