胸が出てきた ~思春期早発症の話~

WEB予約はこちら
さくらキッズくりにっく
お電話でのお問い合わせ
Tel.03-5451-0016
桜新町の小児科さくらキッズくりにっく
TEL
MENU

旧ブログ

Blog

胸が出てきた ~思春期早発症の話~

今日は思春期早発症のお話です。字のとおり、思春期が早くおとずれる病気です。 思春期は、こどもが成長し大人になっていく過程で、心身ともに変化する時期です。 女の子は10歳ころから乳房が膨らみ始め、男の子は12歳ころより精巣が発育することから始まります。それが、通常よりも早く始まってしまうのが、思春期早発症です。   症状 男の子の主な症状  9歳までに精巣が発育する  10歳までに陰毛が生える  ...

続きを読む

病児保育のとある1日

こんにちは。さくらキッズくりにっくの保育士です。 「病児保育…名前は知っているけれどどんなところだろう?」「どんなことをして遊んでいるのかな?」そんな親御さんに気軽に安心してご利用頂けるよう、今回のブログではさくらんぼでの保育、お子さんの姿をいくつかご紹介したいと思います。 微熱のおとこのこ 見た目は元気だけれど微熱があって保育園には行けない…そんな男の子がさくらんぼに来ました。入るなり大好きな...

続きを読む

困った鼻水・鼻づまりのホームケア

11月に入り、一気に気温が下がり、冬らしい気候になってきましたね。空気も冷たく乾燥し、お子さんたちが風邪を引きやすい季節になりました。今日は風邪の困った症状、鼻水・鼻づまりに対するご自宅でのケアの方法をご紹介したいと思います。 🌸どうして鼻水がでるの? 鼻は空気の出入り口で、取り込んだ空気を加湿・加温し、ホコリや花粉、ウイルスなどを除去する、「加湿空気清浄機」のような役割をしてい...

続きを読む

コロナ禍の子どもたちの学習について

 こんにちは、さくらキッズくりにっくの心理士です。小学校はどの学年でも、秋以降の年度後半に入ると学習範囲が徐々に拡がっていきます。ひらがなが覚えられない、漢字のテストの点数が悪い、計算はできるのに文章問題が苦手・・・様々な得意・不得意が出ていることもあるのではないでしょうか。  テストの結果や目に付きやすい事柄から、お子さんの学習の苦手な部分に目が行きがちです。他方で、そうした結果の背景にあるの...

続きを読む

肌のカサカサそのままにしてませんか?

毎年秋になると肌の乾燥が目立ち、肌のかゆみが強いという相談が増えます。今日は乾燥肌についてお話します。   乾燥肌になる原因 生理的要因:乳幼児期では皮膚機能が未成熟なため角質が水分を含む量が低下 環境要因:湿度が低下する季節、紫外線暴露、過度な入浴、不適切なスキンケア 皮膚疾患など:アトピー性湿疹や内臓疾患に伴う場合   乾燥肌の症状 肌の乾燥にともなって、触るとざらざら...

続きを読む

秋のアレルギー原因って何?

こんにちは。さくらキッズくりにっくの看護師です。 暑かった夏も過ぎ去り、すっかり秋の気配を感じる頃となりました。   秋になるとくしゃみが止まらない、目の痒みでお困りの方はいらっしゃいませんか? 花粉症と聞くと春のスギ花粉をイメージしがちですが、秋の花粉症もあります。秋の花粉症の原因として多いのはブタクサ、ヨモギ、カムナグラなど草の花粉です。ブタクサの花粉は粒子が小さく、気管支にまで入っ...

続きを読む

こどもの身体 これってなぁに? 首のぐりぐり

お子さんのお身体を観察していて、あれ?これってなに?前からあったかな?そう思うことはありませんか? 今日はお子さんによくある「首、頭の後ろのぐりぐり」についてお話しします。 🌸首や頭のぐりぐりの正体は? お風呂に入って頭を洗っているときなど、頭の後ろや首に小さなぐりぐりを見つけることがあります。大きいときは1㎝以上だったり、何個も触ることがあるため、なにかできものが出来たのでは...

続きを読む

インフルエンザ外来始まっています。

こんにちはさくらキッズくりにっくです。先週よりインフルエンザ外来が開始しております。 すでに多くの患者さんに接種をしていただいております。 昨季は流行しなかったインフルエンザですが、今季は新型コロナウィルスと同時流行するかのうせいがあると専門家などが懸念しております。日本ワクチン学会も「コロナとインフルエンザの流行期が重なることで医療体制のひっ迫が懸念される」との見解を示しています。高齢者や乳児期...

続きを読む

まばたきを繰り返す チックの話

「目をぱちぱちと瞬きを繰り返します。チックでしょうか」と相談されることがあります。 チックとは、一瞬のぴくっとした動きを繰り返す動きを指します。 お子さんの20パーセントに見られるとされ、典型的には4~6歳で始まります。数か月で落ち着く場合は、単なる「くせ」ととらえられ、自然に消失していることもよくあります。 チックの症状 チックの症状には、運動性と音声の二種類があります。 運動性チック 例:目を...

続きを読む

お箸の練習っていつから?

こんにちは。さくらキッズくりにっくの心理士です。園から「お箸の練習を始めます」等お知らせがあることがありますね。まだご家庭で取り組んでいなかった、という場合には「練習させなくちゃ」と焦る気持ちになることがあるかもしれません。また、親御さんとしては練習をさせたいけれども、お子さんが嫌がってしまいうまくいかずに困っていることもあるかと思います。 手の様子を確認してみましょう 「お箸を使う」手の動きは、...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 21

新コラム

お知らせカテゴリー

ブログカテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ